門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.01.12
タクル・ポーデル ブータン・ロイヤルティンプ大学学長(元 ブータン教育大臣)がご入洛。熊谷京大准教授、(NPO法人)京すずめ土居理事長らとともにお越しくださいました。

昨年、国交30周年を迎えた幸せの国ブータン。6年前にはワンチュク陛下・王妃陛下を京都にお迎えし、お二人の素晴らしい人柄に感動したことを思い出します。一昨年には、二条城に陛下から下賜されたブータンの国樹・糸杉を植樹。昨年にはブータンからの留学生4名に二条城一日城主体験をしていただくなど、友好を深めてまいりました。
ポーデル学長は、GNH(国民総幸福)政策の理念に基づきブータンの教育を牽引。本日京大で講演されます。また、滞在中、二条城をはじめ京都の歴史遺産をご視察。宗教都市・京都を高くご評価「京都全体が一つのお寺の様で、住んでられる方々も含め素晴らしい!」とのご発言。両国の教育、文化、宗教談義に花が咲きました。深謝。