門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.12.11
地域の自然、歴史、文化、伝統を守り、創造的なまちづくり!「京都市地域景観まちづくりネットワーク」主催シンポジウム

「地域景観まちづくりネットワーク」は、「地域景観づくり協議会」制度(地域住民が市条例に基づき、より良い景観まちづくりを目指し、建築確認の前に建築主と地域との間で事前協議を義務付ける平成24年からスタートした京都市独自の制度。市の認定が必要で、現在8地区で認定。準備中の地域も!)を活用し、景観まちづくりを進めている地域の方々の集まり。去年8月、私と皆さんとのおむすびミーティングを契機に、ネットワークとしてスタート頂きました。深謝。
本日は、『まちづくりの新たな潮流~地域景観づくり協議会の可能性~』をテーマにシンポジウム。
景観まちづくりは、景観だけでなく、そこに住まわれる方々の絆、安心安全のまちづくり、更に文化の継承、担い手の育成などにつながります。皆さんのご尽力で、着実な成果が上がっていることを実感。同時に課題もご指摘。更なるネットワークの広がりや進化を共々に目指します。深謝。