門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.01.22
いよいよ大政奉還150周年記念プロジェクトが本格スタート! ~歴史に学び、地域を繋ぎ、未来に生かす!~記念シンポ。@立命館朱雀キャンパス 定員の3倍以上の申込み!会場は満員

大政奉還が今、再評価!大きな内戦を避け、武家政権が終わりを告げ新しい国づくりへのスタートとなった慶応3年(1867年)二条城での「大政奉還」。150年の節目を記念し、本市では幕末維新に京都で活躍した先人たちとゆかりの深い全国21都市が相互に交流・連携を図り、未来に生かすプロジェクトを展開!
本日の開幕に当り、参画都市の市長、副市長、津田京都市会議長らとともに、幕開け宣言!そして、徳川恒孝 氏(徳川宗家18代当主)、山内豊功 氏(土佐山内家19代当主)、青山忠正 佛教大教授、母利美和 京都女子大教授ら、大政奉還に関わった人々のご子孫と研究者を交え、その意義、未来への活かし方についてシンポジウムを開催!
本プロジェクトを通じ、近年の研究成果を踏まえ、幕末京都・日本各地でご活躍の先人たちの歩みを再認識するとともに、幕末維新をテーマとした文化・観光等の振興、「都市間連携による地方創生」のモデルの構築を目指し、国の将来を案じて行動した先人たちに学び、地域でつながりながら、未来に活かす取組を進めてまいります。

大政奉還150周年記念プロジェクト