門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.02.09
「拡大版・総合教育会議」を開催 PTAや経済界等の代表と教育長、教育委員、そして市長が実態を踏まえた教育の課題を議論し政策に活かします。京都市独自の取組です。

今回は、経済界から堀場製作所 堀場厚 会長、労働界から連合京都の 橋元信一 会長、PTAの代表、市P連の 千賀修会長、中山野恵副会長、山本純会長、日下部潔会長、比嘉光雄会長ら幼小中高総の各代表にご参画頂きました。子どもたちを取り巻く課題、今後の取り組みについて率直な意見交換。この10年、開かれた学校づくり、保護者、地域、経済界、大学等の参画を得て、進めてきた京都の教育改革の到達点津、成果と新たな課題、各々が実践に基づいた意見を出し会いました。将来の予測が困難な現代、逞しく、優しく生き抜く力をはぐくめための、今後の方策などについて、学校、家庭、地域、経済界、労働界~オール京都の一層の連携に向け、大変、有意義な議論となりました。しっかりと政策に活かします。
京都市では、一人一人の子どもを大切にする学校改革を実践。公教育再生のモデルと全国からも高い評価。
今後、青少年育成団や経済界、医療・福祉関係の皆さん等、更に幅広い方々にご参画いただき、地域ぐるみ、社会総がかりでの教育実践に取り組んでまいります。