門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.02.17
ラバブ・ファティマ バングラデシュ駐日大使、サヒダ・アクタール経済公使、モハンメッド・ハサン・アリフ商務参事官らがお越しに。

バングラデシュは今まさに成長中の国。GDPは、ここ30年で30倍、人口は2倍以上に増加。京都にも約70名(うち留学生が30名)のバングラディッシュ国籍の方が在住。近年の著しい発展状況を踏まえ、経済、産業、文化、観光、大学などで日本・京都との関係を深めていきたいとのお話し。今後連携を深め、未来志向の友好・交流を進めていくことを誓い合いました。