門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.02.19
ノーベル平和賞ご受賞のムハンマド・ユヌス博士のご講演とソーシャルビジネス・デザインコンテスト@同志社大学。社会的な課題解決に向け、ソーシャルビジネスの推進へ!、討論を聞き感銘。

ムハンマド・ユヌス博士はバングラデシュの経済学者。1983年に無担保小口融資(マイクロクレジット)を行うグラミン銀行を創設。同国の貧困軽減に大きく貢献し、2006年ノーベル平和賞を受賞。国連等とパートナーシップを組み、日々世界中で社会問題の解決に向けたソーシャル・ビジネスを実践し続けておられます。この度の来日に合わせ、「社会問題を解決したい」「人の役に立ちたい」と考えている学生さんの参加による、ソーシャル・ビジネス・コンテストが同志社大、九州大等の先生方のご尽力で実現!。学生さんの瑞々しい発想と、社会貢献への熱意、的確なユヌス博士のお答え。感銘です。
京都市では、京都をソーシャル・ビジネスの聖地とするため「京都市ソーシャル・イノベーション・クラスター構想」を推進。今後とも、学生さんをはじめ、大学、企業、事業者の皆さんとご一緒に、ソーシャルビジネスで社会的課題の解決、生き生きとしたまちづくりりに取り組むことを誓い合いました。