門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.02.20
「人づくり21世紀委員会、20年の歩みを生かし、未来へ!」役員の皆さんと第96回おむすびミーティング。

今、子ども達の未来のために、大人として何をなすべきか!共に考え、行動を!と、教育、文化、福祉、マスコミ、経済・企業、行政など116もの団体がご参画し行動されている「人づくり21世紀委員会」。20周年を迎えます。長いご縁のリーダーの方々も。深謝。高い志で、毎年の、人づくりフォーラムや、区毎に多彩な行事を展開、また、「困っている親」「支援の必要な家庭」の調査研究プロジェクトなど地道な活動にご尽力。また、子どもを共に育む市民憲章の制定、実践も10年に。本日は、来年度の「子ども若者はぐくみ局」の創設などを控え、今後の展望など、本音でじっくり語り合いました。
改めて、子どもたちのために大人に何ができるかを真剣に考え、実践を重ねて来られた皆様のお取組に頭が下がります。これからも奥野貴史幹事長、各行政区の世話役の方々はじめ皆様と共々に、社会の宝として子ども達をはぐくむ、京都の誇る「はぐくみ文化」の深化と発信に共に取り組みます!深謝。