門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.05.11
京都を挙げた支援を継続!「第2回熊本地震支援対策本部会議」

発災直後から398人の職員を派遣。現在も、避難所の運営補助、り災証明発行、健康調査、廃棄物収集運搬、水道管漏水調査・修繕などに従事。また、区役所、地下鉄駅等で募金活動。更に市民の皆さん、民間専門職の皆さんと連携し、ボランティア、介護職員、手話通訳者の派遣。市営住宅の提供、市立学校での児童の受入れなど、細心の配慮の下に。ペットの受入れ準備も。
引き続き、全庁体制での支援はもとより、風評被害の防止などに全力投球。更に、今回の災害から学び、市の災害対策等の深化を誓い合いました。