門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.10.31
エッセイストの伊藤玄二郎氏 かまくら春秋社代表・星槎大教授がお越しに。着物文化などで懇談。

伊藤さんはポルトガルに保存されている南蛮図屏風の下張り文書(屏風を作る際、下地骨に幾重にも張る紙。反故紙が使用されたため、文化財的な価値のある古文書が発見される。)の修復とその貴重な資料によるポルトガルとの文化交流にご尽力。京都の古文書も多く見つかっており、興味深く拝聴。また、東京オリパラに向けて、日本の着物文化を世界に発信する企画もご推進。近藤元文化庁長官らともご懇意で、今後とも連携し、日本文化の伝承・発信に努めてまいります。