門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.11.11
市民の生命・安全を守る 「京都市防災会議」「国民保護協議会」開催。

自然災害等の対策のための「防災会議」。国民保護法に基づくテロ対策等のための「国民保護協議会」。地震や台風などの自然災害はもとより、テロなど有事の際の備えにも万全を期すため、医療関係、インフラ関係、学識経験者、地域の代表の方々、国機関の皆さん、市各機関の職員など、多方面の委員の方々と包括的な協議。
本市では、今年5月、厳しい選考の後、ロックフェラー財団により世界の「100のレジリエント・シティ」(災害や混乱等に耐え、可能な限り早急に復旧し、より強靭になることを目指す都市。)に選定。財団の支援も得ながら、今後とも、世界の専門機関等とも緊密に連携し、皆さんと共に一層の防災・減災、危機管理 の取組を進め、安心安全のまちづくりを力強く推進してまいります。


今月の記事

アーカイブ