門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.11.14
安心安全で市民生活と調和した京都らしい民泊の実現を!塩崎厚労相らに要望後に記者会見。

好調な我が国の観光・インバウンド。各地域・多くの方々のご尽力と政府のビザ緩和等々施策の成果!そこで「泊まりたくても泊まれない状況」も。一方、無許可営業の「民泊」が急増。周辺住民とのトラブルや市民の皆様の不安感が!このため、本市では「通報・相談窓口」の設置、府警連携の下、全庁体制での適正化、仲介サイトへの順法の働き掛けなどに取り組んでいます。
「民泊」について全国一律での規制緩和が進むと、住民の安心安全が脅かされ、観光立国・地方創生のブレーキになりかねない状況が想定されるため、国に対して、①各自治体が条例による独自ルールの策定など、地域の実情に応じた民泊の運用を可能とする法制度の構築、②違法営業に対する立入調査権の付与など、是正指導の実効性の確保、③民泊仲介サイトへの規制・ルール整備について要望。
塩崎大臣も課題意識を共有頂き、嬉しいお話しを聞かせて頂き感激。これからも、他の自治体とも連携しながら、地域の実情に応じた制度運用の実現に向け、取組を進め、市民の皆様の安心安全で平穏な生活と、宿泊観光の向上、更なる日本・京都観光の推進に努力します。