門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.11.14
素晴らしい芸術作品に感激!宮田亮平文化庁長官(前東京藝大学長)の学長退任展「喜怒愛藝」にお伺い。改めて宮田長官の偉大さを実感!

イルカ等々の作品も素晴らしい!銅鑼も手作り!素晴らしい音色!改めて感動。宮田長官は、1966年に東京藝大に入学、1972年より教鞭を取られ、2005年からは学長をお務め。スーパーグローバル大学やCOI拠点へ採択される等の大学改革を行い発展にご尽力。多忙な学長職に邁進されるとともに、金属工芸家として、熱心に創作活動を続けてこられました。本日、「シュプリンゲン」シリーズや「鵺 (ぬえ)」シリーズなど一堂に会した代表作品に触れ、改めて感銘。
先日の京都での「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」でも、長官として、型破りのご挨拶やプレゼンに、感激、圧倒されました。東京オリパラ、文化庁の京都への全面的移転、東アジア文化都市など文化庁との共同事業が目白押し!頼りにさせていただいてます。宮田長官!文化庁の移転が決定した京都から、文化を機軸とした国づくり・まちづくりを牽引してまいります。宜しくお願いします。