門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.03.21
京都市が目指す教育について「東洋経済オンライン」の取材

公教育再生のモデルと全国的にも高く評価されている京都市の教育。学力はもとより、スポーツや奉仕活動など大きく前進。その要因は、徹底した「開かれた学校づくり」と熱意溢れる地域、保護者・PTA、学校・教職員と教育委員会が連携を深め、総がかりで、社会の宝、一人一人の子どもを徹底的に大切にする学校改革を実践。また、ICTを用 いた教育活動、学校統廃合と小中一貫校の創設、などの教育改革の取組をお話ししました。
これからも、世のため、人のため頑張る人間を育てる教育に、引き続き、全力投球してまいります。


今月の記事

アーカイブ