門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.03.21
日本初開催、世界防災研究所連合・サミット、総会 京都大学防災研究所 寶馨 所長、多々納裕一教授(世界防災研究所連合 (GADRI)事務局長)らのご尽力に敬意と感謝

世界各国の災害研究・防災研究機関が連携し情報、知識、経験、さらには、理念を共有し、学術面から災害リスク軽減と災害レジリエンスの向上に貢献することを目的とした研究ネットワークである世界防災研究所連合会。世界から91機関が参画。京大防災研究所が事務局を担っておられます。
本日までの3日間の日程で、京大で世界35カ国から防災対策の専門家が300人近く参集される連合サミット・総会が開催。世界の第一線でご活躍の防災の研究リーダーの皆さんによる先進的な取組紹介や活発なご議論が展開!心強い限りです。
昨年、本市はロックフェラー財団により世界の「100のレジリエント・シティ」に10倍の競争で選定。今後財団の支援、京大防災研究所、世界防災研究所連合をはじめ、国内外の専門機関や先進都市、事業者の皆様と連携。世界トップ水準の安心安全都市を目指してまいります。


今月の記事

アーカイブ