門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.03.31
大きく前進する京都市立病院、京北病院 引き続きご尽力を! 地方独立行政法人 森本泰介 京都市立病院機構理事長、長谷川佐喜男 監事、中島俊則監事への再任発令

平成23年度の法人発足以来、京都市立病院機構は自治体病院として市民の命と健康増進に貢献し、高度な医療を市民の皆さんに提供しています。
森本 理事長は、平成11年の市立病院着任以来、数々の要職を歴任頂き、平成27年からは理事長として法人全体を統括するとともに、自律的かつ弾力的な経営という独立行政法人の利点を最大限発揮し、医師の大幅な増員など、医療体制の抜本強化を図っていただきました。これからも強力なリーダーシップで市民のいのちと健康を守る自治体病院としての役割を果たしていただけるものと確信。
また、長谷川監事、中島監事は、それぞれ公認会計士、弁護士として、財務・経営・法令順守の観点から引き続き監査業務にご尽力頂き、病院の適 正な運営にお力を発揮いただくことをお願いしました。