門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.04.01
ラオスの知事らが動物園に!4頭の象と再会!象と桜で友好が深まります。]ペーンスンマー フアパン県知事 八代英太氏 (NPO)「アジアの障害者活動を支援する会」ADDP顧問(元郵政大臣)、奥田龍司氏らが動物園に。じっくり懇談

一昨年、日ラオス国交60周年記念で、ラオスから京都市に4頭の子ゾウの贈呈、日本から桜の贈呈。フアパン県に桜の苗木230本(京都から30本)が植樹されました。その後、桜は順調に成育。大にぎわいの京都市の動物園で子ゾウたちをご覧頂きました。ビエンチャン市とのパートナーシティ提携、更には環境分野での技術支援、市民の皆さんの募金でラオスの学校の整備「象への恩返しプロジェクト」も大詰め。また、先日の市バス車両34台の贈呈など、交流はますます盛んに。関係者の皆さんに敬意と感謝。これからも、一層の友好を深めていくことを誓い合いました。