門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.04.07
(NPO)地域環境デザイン研究所ecotoneの太田航平 代表、京都有機質資源(株)高野中也代表、(公財)京都地域創造基金 深尾昌峰 理事長がお越しに。環境問題、ゴミ減量、食品リサイクルなどについて懇談。

太田さん、高野さんは祇園祭ごみゼロ大作戦などにもご参画。深尾さんは、NPO等の社会貢献活動等を対象とした助成事業などにご活躍、心強い限り。
さて、京都有機質資源㈱さんは市立小の給食の残りや、高齢者福祉施設、中央市場、スーパー等からの食品ごみなども飼料化。食品リサイクルにご貢献。
本市では「環境先進都市・京都」の責任の下、ごみの分別・リサイクル、減量等に注力。市民ぐるみの取組で、この10年余でごみは82万トンから42万トンに激減!平成32年度に半分以下の39万トンへ!2Rの取組とともに、「食品ロス」の対策が極めて大切!本市ごみの4割は生ごみ。そしてその4割が食品ロス!「ごみ半減を目指すしまつのこころ条例」に基づき、市として全国初の食品ロスの削減目標を明示。今後とも市民、事業者の皆さんのご理解の下、ごみ減量と社会的問題の解決へ取り組みます。