門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.04.14
アラップ社 グレゴリー・ホドキンソン取締役会長らがご来庁。レジリエント・シティ戦略の策定に向けじっくり意見交換。

アラップ社がレジリエンスシティを支援。アラップ社は建築分野全般におけるコンサルティング・サービス事業などを展開。ロンドンに本社、日本を含め37箇国にオフィス。世界160ヶ国以上でプロジェクトを実施、グローバルにご活躍。日本では、関空や中部国際空港などに携わっておられます。
現在、アラップ社は100の「レジリエント・シティ」(100RC)の戦略パートナーとして、20都市以上のレジリエンス戦略づくりを支援。
レジリエンス戦略を策定するうえで、本市の重ねてきた、地域力、市民力、文化力を活かしたまちづくりや安心安全の取組を、いかに都市の強靭性・回復力に繋げていくのかが重要だと改めて認識。今後も連携して、実効性の高い戦略策定に向け全力で取り組みます。