門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.04.24
日中韓・東アジア・ASEANの文化交流による相互理解へ!京都に続き、中国・長沙市でも「東アジア文化都市2017」が開幕!私の代理で出席の植村副市長から報告

政府・文化庁と共に進める「東アジア文化都市」事業。今年は、京都、中国・長沙市、韓国・大邱広域市で展開!京都では2月にロームシアター京都で先陣を切ってスタート!この度、中国・長沙市でも開幕。
開幕式典に、京都からは、舞妓さん、琴(横山佳世子さん)、タップダンス(華-puspa)の文化芸能団の皆さんらがご参加。京都・日本の文化の魅力を発信!長沙市、大邱広域市から、それぞれの伝統舞踊、筝、芝居、オペラなどの披露や合奏などで大変な盛り上がり。また、交流晩餐会では古代中国の青銅器打楽器「大鐃」による「さくらさくら」の演奏も感動的だったと。図書館、博物館、文化財遺産館、岳麓書院、橘子洲、寺院などの文化施設への視察や各種式典でも、各都市からの参加者と交流。
今後、京都でも、二条城、芸術センターなど各所で、市民ぐるみで伝統文化から現代芸術、また多彩な生活文化に関連する様々な文化芸術イベント等を本格的に展開。そして、9月から11月をコア期間に位置付け、建畠晢 芸術監督の下、「アジア回廊」と題し、現代美術、音楽、舞台芸術、マンガ・アニメなど多様なジャンルの事業を集中的に開催。また、日中韓文化大臣会合や、東アジア文化都市に加え、ASEANからも参加いただき、19都市参画の初の「東アジア文化都市サミット」、日中韓文化芸術研究フォーラムなど国との連携事業も実施!
今年は、京都が例年にも増し文化・芸術で彩られる1年に。世界中の人々が京都を訪れ、また、東アジアの都市を巡る「広域観光」など、東アジアの平和的発展に繋げてまいります。