門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.04.27
暴力団組事務所の使用禁止の訴えが京都地裁で認められました。安心安全の京都へ!市民と京都市の勝利の地裁決定!今後とも、あらゆる手段を駆使し安全を断固確保してまいります。

京都市では、全国に先駆け、平成24年に「京都市暴力団排除条例」を施行するなど、市民ぐるみで暴力団の排除と社会正義の徹底へ市民ぐるみで取り組み、現在、暴力団員の数は10年前に比べ半減するなど安心安全でのまちづくりが画期的に前進。
そのような中、本市の施設「ひと・まち交流館京都」に近接する指定暴力団の事務所周辺で、暴力団内部の争いにより、市民の皆さんが不安に。
市民の安心・安全を断固確保するため、裁判所に申し立ていた組事務所の使用禁止が、京都地裁によって認められました。市民と京都市の勝利です。
これからも、社会正義の実現と安心安全なまちづくりへ、府警はじめ、皆様との連携の下、毅然として対処してまいります。