門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.05.18
全国IBMユーザー研究会連合会ご主催 IBMユーザーシンポジウム、950名がご参加、2日間にわたり熱い議論が!@京都国際会館

「連綿とつながる伝統と文化、そして新たなるJapanへの挑戦」をテーマに23年ぶりの京都でのシンポジウム!千年を超える歴史を誇る京都に息づく伝統や文化を感じ、明るい未来を予感させる、先進のテクノロジーやイノベーションの数々を体感できる大会。全国から参集され研鑽・交流を図られます。開催にご尽力の伊藤春男会長、仁木一雄実行委員長に敬意と感謝。
日本IBMさんは、エリー・キーナン社長を先頭に、社会貢献活動にご熱心に取り組んでおられ、平成25年「歩くまち・京都」を「スマーターシティーズ・チャレンジプログラム」に選定、未来を見据え歩いて楽しいまちづくりを提言を頂戴。これをきっかけに、産学公連携の下、「京都未来交通イノベーション研究機構」を設立。ICTを活用し、人と物の安全・快適・効率的な移動に資する技術やサービスを開発研究を行っています。これからも、日本IBMさん、ご参集の皆様としっかりと連携し、伝統と革新のまち・時代の先端を切り拓く取組を進めてまいります。裏千家・千玄室大宗匠が基調講演。それに先立ち、お茶をよばれました。深謝。


今月の記事

アーカイブ