門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.06.14
誰もがいきいきと健やかで安心して暮らせるまちを目指して!「認知症の人と家族の会」鈴木森夫新代表理事、高見国生前代表理事、阿部佳世事務局長がお越しくださいました。じっくり懇談。

「認知症の人と家族の会」は京都で1980年に発足!認知症が社会的に理解されていない頃から地道に活動をされてきた皆さん。認知症の方のご家族同士を結ぶとともに、電話相談などの活動により、支えてこられました。
2004年には京都で感動的な国際会議を開催。そして今年4月に「認知症:ともに新しい時代へ」をテーマに世界75か国から約2,500人もの専門家の皆さんが参集され「国際アルツハイマー病協会国際会議(ADI)」2017京都会議を主催。多くの当事者の方々も参加!大変有意義で大成功を納められました。高見代表はこの度ご退任。長年のご尽力に改めて心から敬意と感謝。鈴木新代表が、高いお志でこれまで積み上げられた意義深いお取組を引き継がれます。
ご家族や当事者の方々が、同じ苦労や悩みを語り合い、相談できることは本当に心強いこと。本市でも、京都の地域力を活かし、「気づき、つなぎ、支える」認知症総合支援事業や、医療体制の整備、介護担い手の確保やネットワークの構築などに取り組んでいるところ。これからも皆さんと連携を密にし、認知症の当事者・ご家族の皆さんへの地域ぐるみでの支援を共々に進めてまいります。なお、阿倍さんは堀音ご出身の音楽家!嬉しいです。