門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.06.20
戦争の悲惨さ!平和への思いを新たに! 南方の海で戦死された故田中新三さんの寄せ書きの「日章旗」のアメリカからの奇跡の返還セレモニー。胸が詰まります。

戦没者が大切にされていた日章旗、出発に当たり多くの方々の寄せ書きと「武運長久」の揮毫も。日本の遺族の元へ返還されるご活動に尽力されている、非営利・非政治・非宗教の米国の人道的組織「OBON SOCIETY」。京都出身の女性が米国ではじめられました。頭が下がります。本日は、日本メンバーの国松善次 元滋賀県知事、高橋泰一朗 京都市遺族会会長、中村秀夫 副会長、中里年和 府遺族会副会長、二之湯智 参議院議員らのご出席の下、田中新三さんのご遺族、次女である山科区の田中しげ子さん、お孫さん、ひ孫さんらに返還されました。日の丸に寄せられたお名前や言葉を拝見し、胸が詰まりました。
2万7千人を越える京都市出身の方も犠牲になった先の大戦から70年余り。私を含め、いわゆる「戦争を知らない世代」が多く…。戦争で大切な人を亡くされた方々とお話しし、戦争の愚かさ、悲惨さを後世に伝え、平和の大切さを改めて実感。私も、平和な京都、日本、世界のため、全力を尽くしていきます。