門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.08.01
人類の宝「世界文化遺産」の未来へ継承を!私が会長を務める「世界文化遺産地域連携会議」から高市総務大臣や二階幹事長、国交省・森技官、文化庁・中岡次長らに要望活動

世界文化遺産を有する全国の市町村の市長・町長や地域リーダーの皆さん、専門家などで組織。世界遺産の保全や遺産を生かしたまちづくりを協議・実行し、国への提言も。発足6年。先日も、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群が登録決定。地元市長らもご参加。
本日の総会に先立ち、市長町長等で関係省庁・政党を訪問。世界遺産を取り巻く現状を厳しさも含め説明し、世界遺産の保存・整備・活用・継承に向けた予算の確保と支援策づくり、諸問題の包括的な解決を目指す「世界遺産特別法」や財源確保に向けた「全国世界遺産宝くじ」の創設、防災対策、バッファゾーンを含めた景観の保全、東京オリパラに向け新幹線と世界遺産を活用した観光振興、地方創生等について要請。
二階俊博 自民党幹事長、高市早苗 総務大臣、中岡司 文化庁次長、国土交通省 森昌文 技監はじめ、ご多忙中にも関わらず、真摯にご対応いただいた皆様に心から感謝。