門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.08.03
九州北部豪雨 京都市災害ボランティアセンターで8/1から福岡県朝倉市の被災地へ派遣している支援活動ボランティアの活動状況について写真の報告がありました

10名のボランティアの皆さん・3名のスタッフの方々は、2日から本格的な作業を開始!民家の敷地内の泥の掻き出し作業を行いました。酷暑の中での厳しい作業!20分作業・10分休憩のペースで作業を進め、体調に細心の配慮を払い活動。相当の疲労の中、無事に1日目の活動を完了。そして、本日も引き続き夕方まで支援活動を継続されました!皆さんの奮闘に心から敬意と感謝!
今後、市社協や「災害ボランティアに係るパートナーシップ宣言」を表明いただいた京産大、同志社大、佛教大、立命大、龍谷大などと連携しながら、市民ぐるみでの支援を続けてまいります。