門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.08.05
企業の価値観や在り方を市民の方々と共に考え見直し、ライフスタイルからまちづくりまで、全体を考えるイベント「京都流議定書」が10周年!、京都がソーシャルビジネスの聖地に!、NPO法人の活性化!「京都創生をみんなごとのまちづく」で!など、今、京都のまちづくりの根幹となる理念がこのネットワークの中からも生まれてきたと感じます。深謝。私が教育長時代、ウエダ本社 岡村充泰 社長の熱意と行動力でスタートし、今年で10年の節目に!感慨深いです。

今回は「京都流いい会社とは?」を全体テーマに、京都から明るい未来を切り拓き、行動に繋げていくため、昨日から明日までの3日間、各日、「制度」「風土」「場」をテーマに講演やパネルディスカッション等が開催。地域経済・社会の維持・発展のための会社のあり方や京都における人の繋がり、そして京都の未 来について有意義なお話し!京都流議定書イベント実行委員会 岡村実行委員長をはじめ、関係者の皆さんに感謝。引き続き、人を大切に、生活の中に文化をといった、「京都ならではの働き方改革」やソーシャルイノベーションの創出などの取組をしっかりと支援してまいります。