門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.08.10
ソーシャルビジネスの偉大な先駆者の皆さんと懇談。社会的課題を解決し、未来を切り拓く企業の成長・発展を支援する「これからの1000年を紡ぐ企業」認定企業の皆さんと、審査委員長の原良憲京大経営管理大学院教授はじめ審査委員の方々もご参加。楽しく語り合いました。

千年を超える歴史の中、ほんまもんの文化・ものづくりを継承・創造してきた京都!京都だからこそ、未来に向けての役割がある。そんな思いで始めた 「これからの1000年を紡ぐ企業」。これまで10社を認定。社会的課題を解決するための事業を、ビジネス(ソーシャルビジネス)として成り立たせる皆さんに心から敬意。本日のような場による認定企業同士のつながりが、更なるネットワークやの広がりやコラボを生み、新たな社会的価値や課題解決策が生まれることを確信。
京都市では、全国に先駆け、人のつながり、志を大事に、京都をソーシャル・ビジネスの聖地とするため、大室悦賀 京都市ソーシャルイノベーション研究所長らと共に、「京都市ソーシャル・イノベーション・クラスター構想」を推進しています。
文化庁の本格的な移転が決定。これまで伝統産業・文化を通じ、日本全国とつながってきた京都から、共々に文化の力で日本を更に元気にしていく。ソーシャルビジネスで地方創生を牽引していくことを、胸に刻みました。皆さんの今後益々のご活躍を祈念!