門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.10.21
障害のある人もない人も誰もが交流を深め、ほほえんで暮らせるまちを目指して「ほほえみ広場」~雨のなか、懸命にご準備頂き、開催!敬意と感謝!@梅小路公園

幅広い団体と京都市が協働して開催し7回目。伊吹文明実行委員長のご挨拶の後、私も心を込めてご挨拶。寺田議長も手話を使われてのご挨拶。市議会から久保副議長、椋田教育福祉委員長らもお忙しい中ご出席、深謝。ステージは「心の輪を広げる体験作文」と「みやこユニバーサルデザイン賞」の入賞者表彰式も実施。受賞された皆さん、おめでとうございます!市立呉竹総合支援学校の皆さんの太鼓の演奏も迫力満点!、各ブースでは「ほっとはあと」製品の販売コーナーや、啓発ブース等を拝見。
昨年4月に議員提案による「手話言語条例」を施行。手話の更なる普及など、地域や社会が一体となり、障害のある方の社会参加はもとより、誰もが安心して暮らせるまちづくりに努めます。