門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.10.27
来年は京都とケルンは姉妹都市55周年!ヘンリエッテ・レーカー ケルン市長、ウィリアム・ヴォルフグラム 政務局長がお越しくださいました。マンガミュージアムの似顔絵も大変お喜び頂きました!

4年前に「京都・ケルン姉妹都市50周年記念」で、ケルン市を訪問。ケルン大聖堂やライン川の泰然とした流れが今でも目に浮かびます。ドイツと京都の縁は大変深く、文化芸術はもとより、大学、環境、ものづくりなど、幅広い分野において、市民・民間レベルでの交流も深めているところ。京都には、世界に4箇所しかないドイツ政府直轄の「ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川」が設置。一昨年には、パリで開催のCOP21を見据えた「日独温暖化防止シンポジウム」を京都で開催。
また近年、京都とケルンの交流も益々盛んに。3年連続でケルンでは「京都デー」が実施。昨年からアーティストコラボイベント「京都・美・ケルン」を両市で開催。また先日の「ケルンマラソン」には京都市民をご招待いただきました。これからも、両国・両市の友好を深め、世界に貢献していくことを誓い合いました。