門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.11.05
市立芸大が移転する崇仁地域で3回目を迎える「stillmoving「距離へのパトス―far away/so close」」@元崇仁小

2023年、京都市立芸術大学は京都駅東部・崇仁へ移転します。この移転計画のプレ事業として数々の活動が崇仁地域を中心に市内各所で実施。中でも「still moving」は、一般的な展覧会ではなく、移転後の大学のあり方を探る実験的なプロジェクトとして継続開催!今年3回目です。9月からの期間中、舞台の公開稽古やワークショップ、パフォーマンスなど、芸大が移転してきた後のまちづくりのヒントに溢れます!
今日は構想設計研究留学生で仏人のガブリエさん(大学院博士過程で能なども学ばれ?)がクレープ屋台を開設!お金ではなくお話しや、歌、ダンス、作ったものと交換できる!という独創的な取組。私も崇仁のまちの夢を話し、バッジを差し上げクレープを頂きました。美味しい!感謝。プレジェクトメンバーの皆さん、アーティストの皆さん、学生さんの創造的な取組がまちをどんどん元気にしてくれると確信!心強いです。ご説明頂いた高橋悟先生らに感謝。