門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.11.07
文部科学省 高橋道和 初等中等教育局長、森友浩史企画官と協議、要望

初等中等教育局は、学校教育改革の要!新たな学校教育・運営の根幹、教科書などの基礎にもなる学習指導要領の改訂、より良い教育へ。私も中央教育審議会・教育課程企画特別部会委員として参画。京都で10数年来、地域、保護者、大学経済界等のご支援で推進してきた、開かれた学校づくりの理念が、 「社会に開かれた教育課程」「カリキュラム・マネジメント」などとして随所に反映!
こうした新指導要領を確実に実現することが重要!そのため、超多忙な学校現場の状況改善のため、教育の質の向上の観点からも業務改善、教職員の増員など、「教員の働き方改革」への更なる取組が必要!。こうした課題に、国としても制度の構築や意識の醸成、予算確保へ取り組んでいただいているところ。教職員定数の改善、教員以外の部活動指導員等の増員、地域ぐるみのサポートの充実などを進めていくべく要望し、我々も全力で努力します!