門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.11.09
カリブ諸国連合 ジョン・スーマー事務局長、トリシア・オリビア・バーロー・ハゼルウッド政務アドバイザー、外務省滝沢仁中南米局カリブ室主査らが初来日、そして京都市にご来庁。未来志向で観光、環境、産業、学術などでの連携を進めます。

カリブ諸国連合は、カリブ海の国を中心に設立された機関。事務局はトリニダード・トバゴに。オブザーバーとしてアフリカ、アジア、ヨーロッパの国々も参加。今年3月、日本がカリブ諸国連合へオブザーバー加盟しました。今後の連携強化のため、スーマー事務局長らが初来日、ご入洛。そして、ご要請により京都の観光政策と環境政策をご説明しました。
カリブ海の国々は観光にも力を入れられ、欧米からの保養客に大変な人気。また、多くの島国にとって地球温暖化は最重要課題。伝統と文化が息づき、京都議定書誕生の地である京都のご訪問を熱望され、お越しくださいました。今後、未来志向で連携を深め、友好を進めていくことを誓い合いました。