門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.11.09
ポーランド文化の紹介・交流活動に取り組むアダム・ミツキェヴィチ・インスティチュートのオレンツキ所長、ラファウ・ヴィシニェフスキ ポーランド国立文化センター長らの皆さんがお越しに。世界歴史都市連盟に加盟(1998年の第6回会議が開催)されている ポーランド・クラクフ市との友好親善へ!

クラクフ市はポーランドで最も歴史ある都市の一つ。17世紀初頭にワルシャワに遷都するまではクラクフがポーランド王国の首都だったという古都です。ポーランドの文化の中心地。また世界遺産に登録されている旧市街には、ヴァヴェル城など歴史的な建造物が多く残っており、京都との共通点も多くあります。ポーランドはヨーロッパで最初に大学で日本語学科ができたというくらい歴史ある親日国。再来年は日本とポーランドの国交樹立100周年、京都との文化交流の深化を熱望されており、大学、文化芸術などで友好親善を深めることを誓い合いました。