門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.04.12
【いわゆる「民泊問題」と京都にふさわしい宿泊施設の確保、市民生活の安心安全について朝日放送インタビュー】

宿泊者の安心・安全が最高の「もてなし」。更に、市民生活との安心との調和が取れてこそ、最高の「おもてなし」。
本市では、関係局によるプロジェクトチームを発足し、急増する「民泊」の実態の徹底した調査、事業者への啓発、課題抽出等を行い、安心安全で住民の生活環境と調和した宿泊環境の充実に向けた「京都方式」の具体的な施策につなげる取組を推進。
実態を把握のうえ、スピード感を大切に!、京都にふさわしい宿泊施設の確保・充実とともに、観光による地域、伝統産業の活性化、安定した雇用など市民生活の豊さの創出に、全力投球します。