門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.12.11
京都ならではのおもてなし文化の真髄を実践。旅館団体の皆さんとじっくり協議。更なるおもてなし・宿泊環境の向上と、奥深い観光振興、都市格の向上、その為の担い手の確保、旅館の魅力発信等に共々に努力します。

国内外からのお客様に、京都の奥深い魅力!「おもてなし」をご実践の旅館ホテル生活衛生同業組合北原相談役、小野理事長、佐野常務、高木専務、京都観光旅館連盟 磯橋会長、日本旅館協会京都府支部中村支部長、全国旅館政治連盟京都府支部藪下副支部長と懇談。皆さんの日ごろのご尽力に敬意。
皆さんのご貢献で、観光都市として京都の魅力は大きく向上。各方面の旅行誌等で、観光都市としての京都の評価は高まり、まちはインバウンドのお客様で一杯です。これを、市民の皆さんの豊かさに繋ぐことが肝要。更に、宿泊施設の不足や違法民泊の問題など課題も山積。
引き続き、皆さんと共に、好調な観光・インバウンドを持続可能な物に!京都ならではの奥深いものとし、京都の中小企業、伝統産業の発展、担い手の豊かさにつなげていきます!


今月の記事

アーカイブ