門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.12.12
杏林予防医学研究所 山田豊文所長らと懇談

人が本来持っている自己複製能力を引き出し、病状を改善する栄養療法や食育の重要性を実践、提唱されている山田先生。教育委員会の給食課長らと含蓄のあるお話を拝聴。本市の学校給食も、「和食」重視、京都の食文化を伝える取組など、これからも子どもたちの食育、健康のため努力します。感謝。


今月の記事

アーカイブ