門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.12.15
大覚寺に「福島の桜」の植樹式 福島と京都、しっかりと心を繋いで、市民の皆さんと息の長い復興支援を改めて決意。ふくしまサクラモリアドバイザーの内藤慎介さんらに心から感謝。

福島の桜を全国で咲かせ、福島を身近に感じ、心を寄せる「ふくしまサクラモリプロジェクト」。NHK大河ドラマ八重の桜を契機にスタート。これまで二条城や岡崎公園、京都駅八条口、同志社大学などに植樹された桜が根を張っています。
本日は、嵯峨小の児童の皆さん、ご尽力の大覚寺 黒沢 門跡、伊勢 宗務総長、いけばな嵯峨御流 辻井華務長、京都嵯峨美術大 森本 学長、同志社大学八田総長・理事長らと共に植樹。俳優の井浦新さんはカメラマンとして、女優の三根梓さんは司会者としてご参加。今は小さな苗木ですが、いずれ立派な花を咲かせてくれるものと確信!
また来年、嵯峨天皇が空海の薦めにより平和と安寧を祈り般若心経を写経されてから1200年に当たる都市。大覚寺では60年に1度の儀式「勅封般若心経戊戌開封法会」が行われます。大震災から間もなく7年。深い祈りが息づく京都から、私たちも被災地と心を繋ぎ、息の長い支援活動を進めることを改めて決意。深謝。