門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.12.18
90カ国以上で4,000軒以上のホテルを運営、国際的に展開されているホテルチェーンであるヒルトングループ ヒルトン・グランド・バケーションズ マイケル・ウィーニック アジアバイスプレジデントらと懇談

クリストファー・オブライアン マネージングディレクター、アジズ・ノルマトフ ディレクター、本橋陽介京都支店長もご一緒。主に滞在型リゾートホテルを運営されており、光悦寺をはじめ周辺に貴重な歴的遺産のある京都が一望できる鷹峯の「ホテルハーヴェスト京都鷹峯」が世界のラグジュアリー層に人気です。
本日は、京都での更なる事業展開のご構想をお伺いしました。私からは、北山杉、京焼・清水焼、着物をはじめ京都の伝統産業を活用、また、「泊まってこそ!京都」、京都の魅力発信、経済効果の向上、市民の皆さんの豊かさへ繋ぐように改めて要請。良質な宿泊施設が京都観光には更に必要!好調な観光の効果を、伝統産業・文化の振興、安定した雇用の 創出等にしっかりと繋ぎます。