門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.12.20
京野菜を代表し、食文化を支える「九条ねぎ」の生産、加工、流通までを一貫して行う6次産業化のモデルを確立!特に質にこだわり研究・生産されている「こと京都」の皆さんに「京都市きらめき賞」(京都市文化芸術産業観光表彰)を贈呈!

九条ねぎの日本一の生産、加工、販売を誇る京都の宝です。年間販売量は1,300t!年商10億円!九条ねぎを使用したドレッシング、カレーなど多くの加工品を開発し、九条ねぎの新しい可能性に挑戦!
九条ねぎの安定供給を目指し、府内での生産地を拡大する取組を進め、現在3箇所の産地(伏見区向島、亀岡市、南丹市美山)のリレーによる周年栽培を実現されています。
若者を対象に一定期間、九条ねぎの生産から加工・販売までの6次産業化までを体系的に学び、研修終了後、就農・独立支援する研修制度を実施するなど若手農業者の育成に貢献。
これまで京都創造者大賞や農林水産大臣賞をご受賞。山田敏之代表は、アパレル企業でご活躍。その後、家業の農業に従事。試行錯誤を重ね、大学院でも学び見事に大成功。地域と連携した取組を推進。まさに新しい日本の農業を切り拓くトップリーダーのお一人です。山田社長はじめスタッフの皆さんのご尽力に心から敬意と感謝。