門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.12.20
国連世界観光機関(UNWTO)とユネスコの主催 オマーン・マスカット市での「観光と文化に関する世界会議」。植村副市長が私に代わり出張。再来年の世界会議の京都開催が決定!報告を受けました。

世界約100ヶ国から、多くの観光文化担当閣僚の方々も含め総勢約900名が参加し、2015年に第1回会議がカンボジア・シェムリアップにおいて開催された国際会議。先ごろオマーンで第2回会議が開催。観光と文化の連携方策、文化振興・保護、文化観光ルート、文化観光と都市再生、持続可能な観光などについて活発な議論が行われました。そして植村副市長、観光MICEの福原部長が世界からご参加の皆さんに京都の魅力を積極的にPR!2019年の会議の京都での開催決定につながりました。感謝。
また、来年はトルコ・イスタンブールで開催。同じくトルコ・ブルサ市で開催の世界歴史都市連盟会議との連携などを見据えて準備を進めてまいります。紛争やテロの脅威など世界の混迷が増す中、観光や文化を通じた市民交流で相互理解・世界平和への貢献を改めて決意。