門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.02.14
「高齢者の被害ゼロ!“やましな大作戦”」山科区高齢者特殊詐欺等防止啓発事業協定締結式に立会い!

京都市では、府警と4年前に協定を締結し、犯罪の減少へ地域ぐるみの取組を展開、5年前に約21,000件だった本市の刑法犯認知件数は昨年約12,800件と約40%の減。そして山科区では積極的な防犯活動等により、約1,600件から約880件に、約45%の減少!全市を牽引する山科区民の皆さんの取組の成果を実感!しかし、特殊詐欺被害の防止や高齢者の交通事故の増加など大きな課題も!これらの課題を解決すべく、山科区民生児童委員会(太田八十一 会長)と山科警察署(中村國博 署長)、山科区役所が3者協定を締結!
今後、山科署のご協力も頂きながら、民生児童委員や老人福祉員が高齢者の皆さんに直接、特殊詐欺の実態や交通事故防止の啓発などを分かりやすくお伝えいただきます。これからも、京都府警、地域の皆さん、関係団体の方々と一緒に安心安全な山科を実現し、「世界一安心安全・おもてなしのまち京都」の取組を強力に進めてまいります。