門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.02.27
(公財)京都市文化観光資源保護財団、京都の文化財の保護、活用、観光振興などに輝かしい活躍!和田林理事長(近畿日本鉄道(株)社長)と文化財の保護と活用、観光振興等について意見交換。和田専務もご一緒に。

昭和44年に京都市と経済界、文化団体等により発足。各界のトップリーダーが役職に。近鉄の社長が理事長、私が会長を勤めてます。我が国の歴史文化を代表する多数の貴重な文化財、観光資源が集中。財団の皆さんには、それぞれの所有者、管理者の努力により守られているこれらの大切な遺産を、後世に引き継ぐため広く寄せられる寄付金などを基金として保護、活用、普及啓発など積極的な事業活動を展開いただいています。
これからも、皆さんとともに、京都の誇る大切な文化遺産を守り活かし、文化・観光の振興に力を尽くします!