門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.03.02
近藤誠一先生(京都市芸術文化協会理事長、元文化庁長官)とじっくり懇談

文化庁長官やユネスコ全権大使など、日本の文化の創造・発信を担う要職をご歴任。また、外交官の経験からグローバルな視点で多くのご助言を頂いています。昨年の「東アジア文化都市」でも実行委員長としてご活躍いただき、大成功に導いて頂きました。深謝。
本日は、(一社)TAKUMI-Art du Japon代表として「匠と語る日本の未来」と題し、伝統工芸の匠の皆さんとの対談シリーズ(3/21(祝)に第3弾として京都で、陶芸家・樂吉左衛門先生との対談をご予定)のご企画など意見交換させて頂きました。これからも日本の文化の創造・発信へ、連携して取り組んでいきたいと改めて決意。深謝。


今月の記事

アーカイブ