門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.03.16
京都創生へ市民や事業者の皆さんと挑戦!今回は京都行政書士会の皆さんと「まち・ひと・しごと・こころ京都創生協働ミーティング」

地方創生・京都創生へ、京都ならではの総合戦略を、徹底した市民参加で全国に先駆け策定。そして、総合戦略を推進する「チーム京都・移住応援チーム」など市民主体の多彩な取組が進展中。「まちづくり・お宝バンク」への取組提案は270件以上に。
堀井会長を先頭に、相続、遺言、空き家対策、複雑専門化する行政手続や権利関係、それらの専門家である京都府行政書士会の皆さん。身近な法律家、生活相談役として、市民と行政をつなぐ懸け橋としてもご活躍。皆さんには全行政区で年間200回以上、無料法律相談を実施、提案実現に向け専門的立場で助言頂く「お宝バンク市民サポーター」にも32名ご登録いただくなど、市民の皆さんの安心安全で豊かなくらしの実現のためご尽力いただいています。感謝。また、観光面で大きな課題となっている民泊対策にもご貢献。本市の窓口にて、民泊でお困りの方、適法に民泊を開設されたい方の相談・受付事業を開始いただきました。高いお志で活動されている皆さんに心から敬意と感謝。引き続き安全安心なまちづくりを誓い合いました。


今月の記事

アーカイブ