門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2018.04.10
環境省 中井徳太郎 総合環境政策統括官がわざわざお越しに。環境と調和した持続可能な都市文明の構築へ、じっくり意見交換。

松本 総合環境政策統括グループ総合政策課長、古来 地球温暖化対策事業管理室長もご一緒。
昨年10月、環境省の中央環境審議会総合政策部会に出席。市民ぐるみで進める地球温暖化対策、ごみ減量、車中心から人と公共交通優先、まちの美化総行動などの取り組みについてご説明。そして12月には、中川環境大臣にも出席いただき「京都議定書誕生20周年・地球環境京都会議・KYOTO+20」を開催し、18箇国1000人のご参加の下、幅広く深い議論を経て「京都宣言」を採択!この間、中井統括官はじめ環境省の皆さんにもお力添えいただき、心より感謝。
パリ協定が目指す都市の未来像を羅針盤に、京都議定書誕生の地として役割を果たしていく決意を新たにするとともに、2019年の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」総会の京都誘致などに向け、更なる連携の深化を誓い合いました。