門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2018.05.06
素晴らしい稀少種が!本日まで開催の「春の和の花展」「西山こけ展」も拝見@京都市が開設した梅小路公園内の「朱雀の庭・いのちの森」。和の花の可憐な美しさに、生物多様性の大切さを実感

長年にわたり日本の風土の中で育ってきた和の花。近年では環境の変化により、種によっては絶滅の危機に瀕しています。京都のレッドデータブック(2015)に掲載された植物は、なんと107種!特別出展されていた「京都西山のコケ展」も拝見し、私たちの暮らしが、日頃見過ごしがちな様々な生物の恵みに支えられていることを改めて実感!生物多様性の維持に向け、努力してまいります。 いのちの森は素晴らしい場所。都心でありながら、自然の、いのちの素晴らしさを実感いただけます。