門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2018.05.19
京北に素晴らしい移住者を迎える拠点が誕生!。1個のチョコレートが、4年間15回の物々交換を経て築100年を超える京北の古民家に!カフェ兼移住者向けシェアハウス「わらしべの家」オープン

(NPO)子育ては親育て・みのりのもり劇場が発行するフリーペーパー「右京じかん」の紙面企画として実施された現代版わらしべ長者企画。入手された古民家の再生には、地域の方々のご協力の下、京大等の学生チームの皆さんが率先して取り組まれ、京都市の「空き家活用×まちづくり」モデルプロジェクトにも採択!伊豆田千加代表をはじめ、皆さんの発想力、実行力に感服!また、ご支援された久保会長をはじめとする京北自治会等の皆さんに、敬意と感謝。既に京北への移住をご検討の一家もお住まい。京北の素晴らしい自然、歴史・文化を発信する拠点として、今後のご発展を祈念!
空き家の増加は全国的な課題。京都市では空き家を有用な資源ととらえ、予防、活用、流通促進、適正管理、跡地活用等の総合的な対策を推進!引き続き、地域や事業者の皆さんと共々に、京都が誇る地域力・人間力をいかした取り組みを進めてまいります。