門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.06.11
昨年12月、18箇国1000人の深い議論を経て練り上げた「持続可能な都市文明の構築を目指す京都宣言」の推進へ!総合地球環境学研究所、イクレイ日本、京都市環境保全活動推進協会と協定を締結、各々の強みを活かし連携を深め頑張ります!

2015年12月、京都議定書は全世界の人々が参加するパリ協定へと大きく飛躍。パリ協定が目指す、今世紀後半での脱炭素社会の実現のため、「京都宣言」で描いた自然との共生、ライフスタイルの転換、人づくり、科学的発展、循環型社会、省エネ、再エネ、交通システムの高度化、社会的課題の解決などが実現している2050年の都市の未来像は大きな羅針盤となるものと確信!これを絵空事としないためには、世界の人口の約半分が暮らし、世界の3/4の炭素を排出する都市の役割が益々重要です。
本日の協定を契機に、安成哲三 地球環境学研究所長、浜中裕徳 イクレイ日本理事長、高月紘 環境保全活動推進協会理事長はじめ皆さんと共々に、各団体の強みをいかして「京都宣言」を推進していくことを改めて決意!世界の都市との連携を深め、地球規模かつ市民ぐるみで地球温暖化対策に責任を果たしてまいります。