門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.06.11
子どもを地域の宝として大切に育む、京都ならではの「はぐくみ文化」を活かした子育て支援にご尽力。京都はぐくみネットワーク幹事会

昨年7月、「人づくり21世紀委員会」と「京都こどもネットワーク連絡会議」が融合し、子どもや若者を応援する市民団体として「京都はぐくみネットワーク」が発足。本日、4団体が新規加入し、121団体が参画!尾池和夫代表、千賀修幹事長を先頭に、子どもたちの豊かな成長を支える志と行動の輪が広がっています。敬意と感謝。
京都市では、4月に保育所の新設、増改築、小規模保育事業の新設等により1,237人分の受入れ枠を確保し、5年連続待機児童ゼロを達成!引き続き、皆さんと共々に「京都で子育てして良かった」と心から実感していただけるまちづくりに邁進します。