門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.06.25
平成30年度第1回「中小企業未来力会議」。京都の宝、京都経済の屋台骨・中小企業の厳しい状況を打破し、未来を拓くために、共に知恵を出し会い行動する会議!「規模」を基準とする中小企業ではなく、地域に根差し、地域とつながり、地域と共に継承・発展する「地域企業宣言」(仮称)へ!議論が深まりました。@KYOCA3階hacoba

伝統産業から先端産業、食文化、観光、おもてなし、商店街、運輸などあらゆるサービスにおける市内企業の99%は中小企業。その中小企業の成長に向けて、知恵、経験、創造力を生かし、融合 し、徹底して異業種が交流、新たな展開を!と若手が中心に侃々諤々の議論。
顧問として、渡邉中小企業団体中央会会長、安藤副会長、阪口京都中小企業振興センター理事長、井上京都中小企業家同友会常任相談役、天鷲日本政策金融公庫生活事業統轄、吉田商工組合中央金庫京都支店長ら京都経済界のリーダーの皆さんがバックアップ。芳村京都青年中央会直前会長、浅野大手筋商店街理事長を世話人に、多彩な若きリーダーを中心とする皆さんで進める新たなスタイルの会議。京都市も「現場の声を実効性ある振興策に!」と、28年度は8つ、昨年度は10の市事業に意見を反映。
私もじっくり議論を聞かせていただき、時に参加。今後も、京都の文化力、地域力、人間力を中小企業の振興につなげられるよう、共々に全力投球することを改めて決意!ご参加の全ての皆さんに敬意と感謝。